くぼゆうの空想のススメ

読んでくれた人の口元が緩み、口に含んだコーヒーをちょっと吹いてしまうような、誰かの心の拠り所となれるブログを目指しています。

楽天証券で投資信託の定期売却サービスが開始!!

シェアする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

くぼゆうです。

 

 

今回の記事は、楽天証券で投資信託の定期売却サービスの開始に関する記事です。

 

f:id:kuboyuusuke:20191218114843j:image

 

楽天証券で投資信託の定期売却サービスが開始します。開始時期は2019年12月29日からです。

 

定期売却サービスの3つのポイント

お持ちの投資信託に定期売却の設定をすれば、毎月自動的に指定日に売却代金を受取ることができます。
設定方法は金額指定、定率指定、期間指定の3パターンです。

 

 

これは出口戦略の大事な一角ですから、関心も高くなるのではないでしょうか?僕はこのサービスを待ち望んでいたので、とてもありがたいです。楽天証券は使いやすいだけでなく、サービスも先頭を行ってますね。

 

 

対象となるのは、

楽天証券取扱投資信託で、ラップ、MMF、外貨建てMMFを除きます。


対象銘柄
投資信託積立可能銘柄

 

対象口座
一般、特定、NISA、つみたてNISA、法人口座

 

受取日
毎月1回、1日~28日より選択
受取日が休日の場合、前営業日にシフト

 

f:id:kuboyuusuke:20191218115408j:image

 

受取方法
以下の3通りの受取方法が選べます。

①金額指定 1,000円以上1円単位
毎月一定額を売却し受取ります。

例)毎月15日に1万円ずつ受取ると指定した場合、指定した投資信託の評価額が1万円以下になるまで毎月自動的に売却し15日※に受取ります。


②定率指定 1%以上0.1%単位
指定している投資信託を、あらかじめ指定した率に相当する口数を毎月売却し受取ります。

例)毎月15日に1%ずつ受取ると指定した場合、売却注文日の投資信託の保有口数の1%に相当する口数を自動的に売却し15日※に受取ります。受取額は変動します。


③期間指定 最終受取年月を指定
最終受取年月を指定し、指定投資信託の保有口数を、当該年月までの売却回数で等分した口数を定期的に売却し受取ります。受取額は変動します。下記例では、追加投資、一部解約、再投資等は考慮していません。

例)2050年12月まで毎月15日に受け取ると指定した場合、指定した投資信託の口数を360回(2020年1月設定の場合)で割った口数を自動的に売却し15日※に受取ります。受取額は変動します。

 

 

積み立てした後は解約が自然な流れですが、このサービスを利用すれば老後も安定して自分の積み立てたお金を受け取る事ができて、その間も運用されているという良いことずくめですね。