くぼゆうの空想のススメ

読んでくれた人の口元が緩み、口に含んだコーヒーをちょっと吹いてしまうような、誰かの心の拠り所となれるブログを目指しています。

英語3年、タイ語半年勉強してみて、どのくらい話せるようになるか?

シェアする

皆さん、英語や中国語などの外国語を勉強してますか?した事ありますか?

 

f:id:kuboyuusuke:20190528213944j:image

 

 

僕は独学で英語を勉強してました。今で3年くらい経ちます。その間に、英会話学校やオンライン英会話もやりました。どうだったのか体験してみたことを報告したいと思います。

 

 

あと、少し前からタイ語の勉強もスタートしました。こちらも現状、半年間勉強してみてどのくらいの成長があるのか、その内報告したいと思います。

 

 

まず僕は英語の勉強を始めるとき、学校で習った事をほとんど忘れていました。本を見てもさっぱり思い出せないレベルでした。

 

 

僕は学校の英語のテストで点を取りたいのではなく、英語で話が出来るようになりたかったので、ネイティブの人達も学校で使う文法の本を、留学経験のある友人に教えてもらい早速購入してやってみました。

 

この本です。最高におススメです。


Essential Grammar in Use with Answers and Interactive eBook: A Self-Study Reference and Practice Book for Elementary Learners of English

 

 

日本で言うと、中学生くらいのレベルでしょうか?向こうでは小学生用ですかね?僕たちで言う国語の教科書の一種ですかね?

 

 

結論から言うと、この本を勉強したのはかなり大きかったです。当時僕が学校で習ったのと違い、細かなニュアンスの違いなども書いてあり、目からウロコでした! 

 

 

ネイティブの人が勉強する教材ですから、本当に役に立ちますよ。

項目に分かれていて、自分の弱点を補強するのにも使えます。

 

 

それと同時に駅前留学に行きだしました。やはりインプットばかりでは、話せるようにはならないと思ったからです。ネイティブの先生と話すのは最初とても緊張しました。というより、マンツーマンでなく最大8人の生徒さんがいる授業だったので、僕だけ話せなかったらどうしよう?とか不安でした。

 

 

結論を言うと、コレは慣れですね。駅前留学は先生も優しく聞き取りやすい英語を話してくれるので、コレで分かった気になって海外に行くと、パニックになるかも知れません。

 

 

実際、僕はネイティブの方の早口イングリッシュは未だに分かりませんし。ただ外国人と話すのに抵抗のある方には、良い練習場所になると思いました。少し人見知りな僕は、かなり役に立ったと思っています。

 

 

その後、時間の都合がつかなくなった事もあり、オンライン英会話に移行しました。オンラインは色々な問題がありますね。値段は確かに安いです。しかし、先生のアタリハズレや、電波状況、授業の準備などを考えると、毎日結構時間が取られるので、相当意思が強くないと続けられないと感じました。

 

 

僕は、オンライン英会話を始める頃には簡単なフリートークくらいなら出来るようになっていた(つもり)ので、自分の英語が通じる楽しさを毎日感じていました。

 

 

結論として言えるのは、英語を話せるようになるには、

  1. 単語を知らないと話せるもなにもあったものではないので、ある程度の単語量はインプットが必要。
  2. ネイティブの人達も使う文法の本は、かなりオススメ。
  3. 駅前留学はハートの弱い方こそ行くべき。趣味みたいになってきたら、スッパリ辞めた方が良い。
  4. オンライン英会話は、ネットの電波状況や先生に左右されるが、それを受け入れるハートの持ち主にはオススメ。
  5. 英語を話したい。話せるようになったら、したい事が明確にある人は、話せるようになる確率が高い。
  6. 継続して勉強は続けないと忘れてしまうので、強い意思が必要。

 

というふうに思います。

 

まずはこの本を勉強してみてください。


Essential Grammar in Use with Answers and Interactive eBook: A Self-Study Reference and Practice Book for Elementary Learners of English

 

 

継続は力なり、です。英語を話せるようになりたいかたは、諦めずに勉強を続けましょう。

 

 

僕も継続してやっていきますよ。

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

くぼゆうでした。