くぼゆうの空想のススメ

読んでくれた人の口元が緩み、口に含んだコーヒーをちょっと吹いてしまうような、誰かの心の拠り所となれるブログを目指しています。

タイ、パタヤに行けない日々10

シェアする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:kuboyuusuke:20200426093541j:image

 

サワディーカップ!くぼゆうです。

 

夜がやって来ました。

 

私はスグにでも、お嬢のお店に行きたかったのですが、コイツホントに来たよって思われたら嫌だ(ネガティブ汗)なぁって思い、とりあえず他の店に行くことにしました。

 

ウォーキングストリートには、世界中の男たちの夢と希望が詰まっています。

 

多種多様なお店があります。

 

とは言え、可愛い女の子を見たいので、適当に店に入ることにしました。

 

何軒かハシゴしましたが、お嬢のことが気になって全く集中できません。

 

いつもなら、界王拳3倍で視力をアップし、可愛い女の子を見つけることに全フリするのですが、今日はダメです。

 

時間は22時あたり。

 

もしかすると、すでにお嬢は連れ出されているかも知れません。

 

(それならそれで良いか。)と思うと開き直る事が出来ました。

 

飲めないビールを飲んで、お嬢の店に行く気も出て来ました。

 

(よしっ!お嬢に会いに行こう!)

 

私が一番何を気にしているかと言うと、本当に店に行って、女の子が隠れて出てこない(嫌われた)とか、店に来ているのに居ないと言われる(嫌われた)とか、生理になった(嫌われた)とか…

 

彼女たちも仕事とは言え、嫌な客とは会いたくないでしょうしね。

 

さて、そんな小心者ぶりを2時間くらい1人で発揮したので、開き直ることができました。

 

何度も言いますが、本命相手にだけなんですよ‼️

可愛いなぁとか思うだけの女の子相手なら、グイグイのグイグイ行くんです‼️

 

さて、インドの方たちがたくさんいるエリアから、ロシアのおばさんエリアを抜けて、お嬢の店に近づいて行きます。

 

店の前で呼び込みをしている女の子たちがいますが、お嬢ではありません。

 

今回は躊躇わず(2時間もウダウダしていたのは忘れた)入店しました。

 

デックが席に案内しようとしてくれた、まさにその時です‼️

 

入り口付近でお嬢が友達と話していて、バッタリと出くわしました‼️

 

おわっ⁉️お嬢いた‼️

 

お嬢はと言うと…