くぼゆうの空想のススメ

読んでくれた人の口元が緩み、口に含んだコーヒーをちょっと吹いてしまうような、誰かの心の拠り所となれるブログを目指しています。

タイ、パタヤに行けない日々2

シェアする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:kuboyuusuke:20200419234718j:image

 

サワディーカップ、くぼゆうです。

 

ウォーキングストリートに入り、

 

いつものように大音量で流れる音楽、あふれる観光客

 

僕はうれしくなりました。

 

そうです。

 

その日、僕は日本からタイに入った初日だったのです。

 

みなさんもタイに着いた日って、嬉しくってニヤついたりしませんか?

 

僕はテンションが上がっていました。

 

その時、オキニとは言いませんが

 

パタヤに行くと数日は一緒に過ごす女の子がいました。

 

彼女は20代後半で、サファイアというゴーゴーバーで働いていた女の子です。

 

その日にタイに着くので、会いに行くよと連絡をしておきました。

 

なので、どこかの店で一杯くらい飲んでから行けば良いか、くらいに考えてました。

 

そんな時です。

 

ウォーキングストリートに入って、間もなくです!

 

私の好み、ドストライクの女の子が目に入ってきたのです!

 

それこそが、お嬢だったのです!

 

(うわっ!めっちゃ好みや!)と心の中で思いました。

 

その子の前を通る間、ずっとガン見していました。

 

私は実はシャイなんです(恥)

 

声を掛けてもらえれば、話できますが

 

なかなか自分からは、恥ずかしいんです。

 

もちろん自分のタイプの女の子にだけですけれど。

 

真横を通り過ぎても、ずっと見てました(笑)

 

その時に、お嬢の横に立っていたピーサウ(お嬢のお姉さん)が、お嬢に何かをささやいていました。

 

私が推測するに、

 

ピーサウ『アイツ、絶対戻ってくるで!』

 

だったに違いありません(笑)

 

50メートルほど歩いたでしょうか、私は思いました。

 

『ダメだ!パタヤに来てシャイなままで、どうすんだ俺!』

 

その後、私は…