くぼゆうの空想のススメ

読んでくれた人の口元が緩み、口に含んだコーヒーをちょっと吹いてしまうような、誰かの心の拠り所となれるブログを目指しています。

タイ、パタヤに行けない日々7

シェアする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:kuboyuusuke:20200420204434j:image

 

サワディーカップ、くぼゆうです。

 

ショボーン…を繰り返していた、まさにその時です!

 

なんと、お嬢が私の席の前を通りかかりました。

 

いつも、私がお嬢を見学にお店に行っていた時は、お嬢はチラッとも私を見ようとしませんでした。

 

私はお嬢をガン見です!

 

すると、いつもチラッとも私を見ようともしないお嬢が、私の顔の方に顔を向けました。

 

その時、わたしは固まる事なく、解き放たれた蝶のように、無意識の内に手でおいでおいでと、手を蝶のようにヒラヒラさせたのです!

 

お嬢は、私?という仕草をします。

 

私はウンウンとうなずきました。

 

なんということでしょう、お嬢が嬉しそうな顔をするではありませんか!

 

ニコッとして、私の真横にピタッと座りました!

 

すぐにスッと腕を組んできて、嬉しそうです。

 

いつも、このお店では気配を消していたのに、お嬢は私を覚えていたのでしょうか?

 

実は、初めてお嬢と飲んだ時、あの時お嬢はパタヤに来て、まだ3ヶ月ほどだったのです。

 

それで、お嬢のピーサウはお嬢を心配して、お嬢がカスタマーに呼ばれた時(当時)には、席について来ていたそうです。

 

今日は、そのピーサウはいないようです。

 

お嬢とカンパイし、少し話をしました。

 

お嬢が『初めてだよね?』

 

と言います。

 

くぼゆう(覚えてへんやん…)

 

少しヘコみました(涙)

 

気を取り直して、私は『そうだよ』と答えました。

 

お嬢は、ふーんといった感じでした。

 

2人で飲みながら、たわいもない話をしました。

 

内容は全く覚えていません(笑)

 

でも楽しかったのは覚えています。

 

やはり、自分の好みの女の子と仲良くお酒を飲めると言うのは、控えめに言っても楽しいですね。

 

そうこうしていると…