くぼゆうの空想のススメ

読んでくれた人の口元が緩み、口に含んだコーヒーをちょっと吹いてしまうような、誰かの心の拠り所となれるブログを目指しています。

タイ、パタヤに行けない日々8

シェアする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:kuboyuusuke:20200421001103j:image

 

サワディーカップ!くぼゆうです。

 

ゴーゴーバーに行ったことのある方は、分かるでしょうが、女の子たちは順番でステージで踊らなくてはなりません。

 

自分という商品をアピールするためですね。

 

お嬢もダンスタイムがやってきます。

 

すると、ママさんがやってきて私に話かけました。

 

ママさん『彼女を気にいったの?ペイバーする?しないなら彼女(お嬢)はダンスに行くから、他のカスタマーに呼ばれるかも知れないよ。どうする?』

 

みたいな内容でした。

 

私は思いました。

 

(ママさんが、こういう話を振ってくるってことは、お嬢に嫌われてはいないようだな…)

 

お嬢の方をチラッと見ると、お嬢も私と一緒に話を聞いています。

 

私はお嬢も、まんざらでは無さそうだなと思いました。

 

やはり、こちらが気にいっていても、自分のことを気にいっていない相手と時間を過ごすのはお互い苦痛ですからね。

 

ママさんと話をして、お嬢を連れ出すことにしました。

 

お嬢は着替えてくるねと言って、席を離れました。

 

経験者はみんな同じだと思うんですが、この着替えてくるまでの時間が、ひじょーーーに長く感じるんですよね。

 

まだかな?と思って着替えに行った方を見ると、友達と話し込んでいたり…

 

ま、焦っちゃまけですね。タイですから‼️

 

さて、私はと言うと

 

(とうとう、ペイバーしたぞ‼️楽しい夜になりそうだな‼️でも極塩嬢だったら、どうしよう?)

 

などと1人勝手に心の中で考えていたのでした。

 

そうこうしているうちに、お嬢が着替えてやってきました。

 

カ・ワ・イ・イ〜‼️

 

キモくてすみません。

 

私服に着替えたお嬢と店を出て、どうするかお嬢に尋ねてみました。

 

時間も早かったですし、何より私はパタヤ に着いた初日でテンションは上がっていたので、すぐに部屋に行く気には、なっていなかったのです。

 

すると、身内がパタヤで働いてるから、その店に行こうと言います。

 

行こう行こうってノリで、そのお店に向かうことに…